♥ファッション♥オシャレ♥プリティー♥コスメ♥プチプラ♥shopping diary♥

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

北海道マラソンの続き



北海道マラソンの続きです。



私達夫婦は大通り西5丁目からのスタートでした。



IMG_4858.jpg



駅前通りでススキノ方面へ右折したところが本当のスタート地点。




IMG_4861.jpg





このまま真っすぐ街中を走り抜け、すすきのに突入すると
沿道で応援してくれる人たちの中に いかにもホスト!!な子達がいて
さすがススキノだな~と(*´艸`*)

何度も笑顔で「がんばってくださ~い!」と応援してくれる良い子達でした♪
(○´U`p)qありがとう♪




IMG_4866.jpg




中島公園付近に入ると、木陰もあったりで嬉しかったな♪



IMG_4870.jpg




ですがこの中島公園付近で既に
後ろにいたランナー達に追い越されまくっていた私達の後ろには
片手で数える程のランナーしか居ませんでした。笑


そして最後尾を走る車からのマイクアナウンスの厳しさに驚きました!!

「歩かないで走ってください」
「歩くならゼッケン外して歩道を歩いてください」
「○○○○○番の方、フルだとこのペースではもう無理です。歩道に上がってください」

(lllo>皿<)oぇ~!?そんなこと言われちゃうの?と。


最後尾車にビクビクしながらも、そのままのペースで走っていたら
あんなに沢山のランナー達がいたというのに幌平橋では前のランナーも遠く
見えなくなっていました。




IMG_4868.jpg




後ろに居た数人のランナーはどこへやら???
気が付いたら私達の後ろにはもう誰も居なくって!.....Σヾ(;☆ω☆)ノ



↓最後尾車にマークされている旦那さん♡笑



IMG_4871.jpg



ある意味1位だね!!スゴイ!!!

なんて浮かれたりもしていたけれど、徐々に不安になってきて
援護自転車のお兄さんに このペースでも完走できるかを聞いてみると
ファンランだったらこのペースでも大丈夫ですと言うのでホッと一安心。




IMG_4872.jpg



尚志学園高校の応援団も一生懸命 応援してくれました!
野球部の子達は皆ハイタッチで応援してくれましたよ~♪ァリガトォォ!!>(>∀<o)ノ



IMG_4873.jpg




このペースでも大丈夫とは言われたけれども、本当に大丈夫なのか怪しげになってきて
最初は旦那さんと一緒に走ろうと約束をしていたのだけども、旦那さんが先に行けと言うので
少しペースをあげて、5km手前あたりから?私1人で走り始めました。


旦那さん大丈夫かな?と何度も後ろを振り返りながら
でもそのうち旦那さんの姿が見えなくなって心細くなったりもして。

1人になると自分との戦いでした。

今まで夜の涼しい時間にしか走ったことがなかったので
炎天下の中を走るということの過酷さを味わい
いつも以上に体力が消耗されて、思うように足が動かない。
もう足が軽くイイ感じになっても良い頃なのに全くもって変わらない。


歩いてしまおうか。。。
いや、ダメ!足を止めたら絶対ダメ!!
でも旦那さんもいないしな、、、もう歩きたい。。。
いやいや歩いたら負け!!まだ走れる!走り続けてゴールするの!!

と何度も自分に言い聞かせたりして。


ほんっっっっっとね、自分の弱さを痛感しました。



でも、沿道で応援してくれる人達のパワーって凄かったです!!!
応援してくれる人達がいる所では、弱い自分はいなかった!

その声援に答えたいと、自然と走るスピードも上がって。

いちいち一人一人に「は~い^^」「どうも~♪」「ありがとうございます!」
と頭を下げたり手を振ったりして返す余裕すらあって。笑




IMG_4874.jpg



やっと最初の給水所まできた所で、走りながら水を飲もうとしたら
バッシャバシャで全然飲めなくて、顔もビチャビチャ。笑

そこで足を止めてしまいました。

一杯目は氷入りの冷たい水で、これが物凄ーーーく美味しかったの!!!

なので、その少し先でもう一杯もらったら
なんと氷なしの ぬる~い水ヾ(lll;´□)人(□`;lll)ノ ガーン!!!

そのもう少し先へ行くと今度はスポーツドリンクがあって
もうお腹チャポンチャポンの私は更にヾ(lll;´□)人(□`;lll)ノ ガガガーン!!!

スポーツドリンクが飲みたかった。


またしばらく走った二度目の給水所ではしっかりスポーツドリンクもいただきました♡



時計もしていなかったし全く時間を気にせず走り続け
普通に完走できるとなめてかかっていたので制限時間も把握しておらず

もうすぐ南7条橋の所で、緑のTシャツ?ポロシャツ?を来たボランティアの人なのかな?が
「ゆっくりでも大丈夫ですよ~」と何度も言っていたので、ゆっくりと走っていたら
8.1km関門でいきなり赤い旗を振られましたヾ(´;ω;`)o尸

制限時間1分過ぎてたみたい(´;д;`)ウッ…


もう本気でショックで私、叫んだよ!!
ウソでしょー?!?!?!?!?!って。笑



すぐにゼッケンを外してバスに乗ってください。
はい。(´;д;`)ウッ…



IMG_4875.jpg




このジェイアール北海道バスさんに収容されました(´;д;`)ウッ…


バスではお水とスポーツドリンクが手渡されて
隣に座っていた子も、昨年は完走できたのに今年はダメだったとショックを受けていました。


道庁まで戻り、バスを降りて少しするともう一台バスが戻ってきて
そのバスに旦那さんが収容されていたみたいで呼び止められて気付きました。

旦那さんは7km地点で収容されたんだそう。


il||li _| ̄|○ il||li




こんな感じで今年は残念すぎる結果に終わってしまったけれども
来年こそは!!笑顔で両手あげながらFINISHし完走証をもらえるよう
日々トレーニングに励んでいきたいと思います!!!

ヾ(・∀・´+)エイ(`・Д・´+)o"エイ(+`・o・)ノ"オー!!



スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
にほんブログ村 ファッションブログへ


PR








【イソラコン葉酸400μgプラス】
Adgger
堅実に儲かるアフィリエイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。